? 健康的な薄味ドッグフード

健康的な薄味ドッグフード

真剣に愛犬の健康を考えるなら、覚えておいて欲しい事があります。
塩分過剰は人間以上にわんちゃんの体に負担をかけるということです。
人間と同じ食事を与えるのは、好ましい事ではありません。
それどころか塩分の多い人間の食事は犬にとって腎臓に負担がかかり、毒になります。

ドッグフードを選ぶ際にも、可能な限り塩分控え目なものを選びましょう。
メーカによっては、塩分がきついものもあります。
心配であればお試しでドッグフードを味見して“これなら大丈夫”と自信を持って愛犬に与えられるものを選んであげてくださいね。
人間がドッグフードを食べて大丈夫なのかと思う方もいるでしょう。
ドッグフードは、人間が食べても安全であるように製造されていますので、安心して試食してみてください。
逆にいえば、人間が食べられないような食事を愛犬に与え続けるつもりでしょうか。

健康的な薄味のドッグフードが良いとはいえ、わんちゃんがしっかり食いついてくれるものでなければなりません。
一般的にはドライな製品よりも、湿り気のあるウェットタイプの方が、好きというわんちゃんが多いです。
価格はドライなものよりも若干高めなので、なかなかすっと手が伸びにくいという難点はあるかもしれません。
それぞれの状況に合わせて、塩分控えめのドッグフードを選んでいただいていいでしょう。