? ドッグフードを人間が食べると

ドッグフードを人間が食べると

愛犬がガツガツとおいしそうに食べるドッグフードは、どんな味なのだろうと思った事はありませんか。
実際に一粒だけ興味津々で食べてみれば、無味、独特の香りがするもので、お世辞にもおいしいと感じられるものではないことがわかります。
それでも愛犬にとっては最高のご飯なのです。
わんちゃんにはわんちゃんが好む味と食感があります。
嗅覚は人間以上に鋭いことはご周知の通りです。
犬はご周知の通り、嗅覚がするどく、毒素のきつい腐敗した食べ物と、そうでない安全な食べ物を見わけます。
味覚がまったくないわけではありませんが、おいしいごはんを見つけるのに、味はさほど重要ではありません。

人間とは味覚も食感も違いますから、試食してみても、おいしいと感じないのは当然です。
ではドッグフード業者は、わんちゃんがおいしいと感じるドッグフードをどのようにして製造しているのでしょうか。

そもそも犬の味覚に合わせるなんて可能なのかも疑問ですよね。
愛犬はものを喋りませんから聞くことは無理ですが、動作から思いをくみ取る事はできます。
しっかり観察していると、食いつきが良いフードとそうでないフードとがあることに気付きます。

お腹がすいていれば、まずかろうとうまかろうとがっついて食べるので、2~3回様子を観察してみる事で、愛犬の好みがなんとなくわかってくるはずです。
食感もわんちゃんにとっては大事な要素です。
噛む力をしっかり身につけさせたいという飼い主の愛情から、固いものが良いのだと錯覚しがちですが、好みを決めるのはわんちゃんたちです。
最初の新鮮さが多少減ってきても、なおよく食いつくようなら、食感としてはまずまずなのでしょう。

人間よりは鈍いものの、わんちゃんにも味覚が多少あります。
この味覚で腐ったものとそうでないものを見分けるのです。
その昔、野生だったご先祖様の時から身についた本能です。
そのタンパク質が動物性か植物性かも見分けます。
わんちゃんにとっておいしいと感じるのはむろん、動物性です。
タンパク質が豊富なものは、若いわんちゃんなら筋力・体力・活力を維持していくためには必須の栄養素です。

”せっかく買ってきたのにちょっとしか食べてくれない”と嘆くよりも、自分が犬だったらと考えて、固さも匂いもわんちゃんの好みに合わせたものをいろいろ探してみましょう。
他のわんちゃんがおいしくてたくさん食べてくれるものでも、我が家の愛犬はさっぱりくいついてくれないということもあります。
あなたの犬のことをよく知っているのはあなた自身のはずです。

以上の事から、新鮮な素材に動物性タンパク質が豊富、食感が滑らかできめ細かいものが理想な犬もいれば、固くて歯応えのあるものが好きな犬もいる、ということになります。
もちろん塩分過剰にも注意しましょう。