? 人間のごはんは与えない

人間のごはんは与えない

犬飯(いぬまんま)といえば、白いごはんに味噌汁をかけただけのものが、昔からの定番です。
しかしこれはドッグフードが流通していなかった時代の話。
犬の健康バランスを考えると、犬飯はけっして好ましい形ではないのです。
人間食とドッグフードの違いがこちらで解説されています。
人間には良い食事内容でも犬にとっては毒となることもあるのです。

犬と人間では味覚、食感に違いがあります。
動物性タンパク質や脂肪はともかく、あまりに炭水化物が多いと、肥満の元になります。
さらに人間がおいしいと感じる食事は、わんちゃんには塩分過剰なのです。
人間にとっておいしいものが、愛犬にとっても良い食事とはいえないという事を覚えておいてください。

もちろん、お腹がすいていれば、どんなものでも夢中になってがっつくでしょう。
それが人間の勝手な思いこみで、このご飯が大好きなのだと勘違いしているケースがかなり多いことに気付かされます。
ためしに、ドッグフードを味見してみてください。
おいしいとは感じないはずです。
でもそれがわんちゃんのおいしいと感じる味覚なのです。

なかには塩分を増やして、人間が食べてもおいしいと感じさせる製品も数多く出回っていますが、品質的には、かなりの粗悪品です。
愛犬の立場ではなく、あくまでも業者側の儲け主義で製造されたものですので、飼い主は騙されないでください。
長期間、粗悪なドッグフードを食べ続けたわんちゃんは、シニアを迎える頃には、体中のあちこちが悲鳴を上げ始めるでしょう。

ペットごときにお金をかけられないというなら、飼い主としては少々問題です。
高額な製品が良いというのではなく、塩分控え目、動物性タンパク質と脂肪、炭水化物がバランスよく配合されているフードを選ぶことは最低条件です。
そのうえで毎回あげても飽きることなく必ず食べてくれるなら、わんちゃんも喜ぶ良いご飯といえます。
少しでも長く元気に過ごして欲しいなら、栄養バランスがしっかりと考えられて作られているドッグフードをあげるほうが良いことに違いないのです。