? ドッグフードの種類から選択する

ドッグフードの種類から選択する

ドッグフードを飼い主が試食することに懸念を示す人間様のドクターが少なくありません。
それは市場に出回っているドッグフードの多くが、大量の添加物や粗悪な素材を使用しているからです。
でもよくよく考えてみると、飼い主に毒な食事を大事な愛犬にあげても大丈夫なのでしょうか。
安いものほど粗悪な素材を使っているものが多く、裏事情を知ると衝撃を覚える事もしばしばおこります。
日本だけの問題ではなく、世界的な動きですので、犬の人権、いや犬権がもっと議論されてもいいのではないかとさえ思ってしまいます。

それほど安全なごはんを見つけるのは至難の業であるという事です。
そもそもドッグフードの安全基準さえ世界のどこを探しても見つかりません。
最近は輸入ドッグフードも大量に入荷されてきていて、飼い主の興味をそそる宣伝広告が氾濫しています。
もしも我が家の大事なわんちゃんにあげるなら、海外であれ国内であれ、人間も安心して試食できるくらいの健康的でわんちゃんが喜ぶドッグフードをあげたいですね。

基本的に犬のご先祖様は肉食獣でしたので、ドッグフードの基本は肉です。
しかし同じ肉でも、豚肉や牛肉はおすすめできません。
添加物が極力混合されていないものが理想です。
長期持たせるためにはある程度添加物も不可欠となってきます。

内容をしっかり吟味する必要はあります。
オススメは鶏肉・羊肉・魚肉といったものです。
仮に袋に無添加と書かれていても、なんらかの添加物が入っているものも少なくありません。
自分の目で成分表を確認する習慣を飼い主さんにはぜひ持っていただきたいものです。

基準は人間も安心して試食できるものです。
とはいえ、素人には難しい面もあるので、獣医と相談しながら選ぶのも良い方法です。
わんちゃんの食いつきの良い物が最適とは限りません。
国内産が価格的にもお手頃なものが多いですから、こうした事を考慮しながら良質のドッグフードをあげてくださいね。